人間の毛の歴史とラジオの放送の歴史今日も

[人間の進化の未来は?]


近頃は男性も美容に気を遣う時代に突入していることを実感させてくれた。こないだの火曜日に某所を通行中に下校中の中学生に遭遇した。その近くを通り過ぎているときに香水みたいな匂いが漂ってきた。その匂いが鼻の穴に入ってきたときに?!となった。女性が香水の匂いをつけてるは何度も経験したが、男性が香水の匂いをつけていたのは初めてだ。厳密にいうと男性用のヘアスプレーか何かの匂いは20代になっていた社会人がつけてるのに遭遇したことはあるが、未成年の中学生が匂いをつけてるのは初めてだ。そんな男性の身だしなみの美容対策だが、ラジオのトークでよく耳にするのは、近頃の若い男性は脱毛をやってる人が増えているという。その脱毛はヒゲだけでなく、下半身の毛もやってるらしい。下半身の毛といえば女性だけかと思ったが、近頃は日本人の男性もやってるらしい。話は進んで欧米では男女問わず脱毛する人がかなり多いらしい。となれば人間の将来はどうなるのだろうか?と妄想が進んでいく。人類の過去の歴史を振り返ると古代中世の男性はヒゲを生やすことにステータスがあった時代もあった。女性にしても下半身の毛やわき毛は今よりも生えていただろうし。さらに過去へ進んで1万年以上進むと胸毛とかが生えてる男性もたくさんいただろうし、100万年や300万年くらい過去だと男性も女性もゴリラかチンパンジーかサルなみに全身に毛が生えまくっていたからだ。毛が徐々に退化していったのは、毛のない肌が露出することで体内の熱を放出しやすくするためだとも聞いている。そんな人類の歴史全体からすれば毛が徐々に退化していったわけだが、このままだと将来的には男性も女性も全く毛のない人間がモテル時期が来るのかなとも思っている。まずはさらにわき毛や下半身の毛がまったくない脱毛を目指す人が増えてくるだろう。次はまゆ毛や頭の毛を究極に短くする女性が増えてくるだろう。そのころになると遠目で見ると男性なのか女性なのか区別がつきにくい女性が増えるのかもしれない。そして究極が眉毛のないスキンヘッドな人が男女問わず欧米あたりに出現してくるかもしれない。それを見てその他の地域も触発されて世界中に拡散していくかもしれないと思っていたりする。さてそれが本当ならばいつくらいの将来になるのだろうか?まあ、自分が生きている時代に急激に変化していくとは思わないし、思いたくもないが。

[ラジオ]


自分は普段からラジオを聞くのがある意味の日課だったりする。そうなったのは外出中にテレビを延々見ることができないので、仕方なく聞き始めたというのもあるが、家にいるときでも子供のころから遠方の放送局を聞きたくて聞いていたことがあった。テレビやラジオを最初の小学生のころに見聞きし始めると、地元の放送局だけでは物足りなさを感じて、よその地域の放送局を見聞きしたいという冒険家みたいな欲望に駆られてくるのだ。冒険家みたいな欲望がそうさせるのだが、残念ながらテレビやFMは周波数が高いのでほとんど見聞きすることができない。海の近くに住んでる人は障害物が少ないので100キロくらい離れた地域の電波もとらえられそうだが、自宅は海の近くではないのでそれが不可能で悔しい思いを何度もしたことか!しかしAMは周波数が低いこと、送信出力が高いので200キロくらいならば電波をとらえて聞くことができる。さらに夜間はD層という電離層がなくなり、地上100キロくらいのE層に電波が跳ね返って遠くへ飛ぶので、数百キロ以上離れた東京とか、国内を超えて周辺の国の放送局を聞いたりして冒険達成みたいな気分を味わうことができていた。ただしそれにも限界があり、AMの電波は夜間でも1000か1500キロくらいがせいぜいの限界だ。それ以上となると短波しかない。しかし短波となると普通のラジオにはそれがなく、短波ラジオを購入しなければならない。小学生や中学生がそれを独断で買うにはかなりのハードルが高く、残念がるしかなかった。短波放送は国内ではラジオ日経しかなくて株とかやっていない限りはつまらないのだが、70年代や80年代は国際放送が盛んな時期で、かなり多くの若い人が聞いていたらしい。その時代に短波ラジオがあればイギリスやドイツやオーストラリアやアメリカなど今も先進国な国の放送が聞けただろうに。これらの国々の日本語放送は残念ながら90年ごろに相次いで廃止されて聞けずじまいで終わってしまった。短波ラジオがない自分は近隣の今ではあまり仲の良くない国、ロシア、中国、北朝鮮、韓国しか聞くことができなかった。この4か国の中で自分なりに先進国だと感じたのはロシアしかなかった。北朝鮮と中国は当時は後進国だったのし、中国はマクロ経済では大国になったが、政治的に問題が多すぎるので今も論外だ。しかし2000年代後半に入り始めると、各国の財政難なこと、インターネットの発達で文字ニュースにすれば経費削減で気宇Rというのでヨーロッパから廃止が相次いでいき、ロシアも放送をやめて文字ニュース化してしまった。もはや短波に用はなくなってしまった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました